トリートメントで行なっているケアの方法

トリートメントの内容や効果については前回の記事でご紹介いたしました。

 

トリートメントを行うことで、トレーニングを行う前に身体の問題を取り除いたり、トレーニングで酷使した身体をケアしたりすることができます。

 

スポーツやトレーニングにおいては、「動作」が正確にできなければ、効率は下がってしまいます。

そうなればパフォーマンスは低下してしまいますよね。

 

そうならないためにも、弊社ではトリートメントを行なって身体を調整し、動作の質を高めているのです。

 

トリートメントとは?

 

トリートメントでは、トレーナーが手で行う以外にも様々な方法があります。

そこで、今回はその中でも、よく用いられるケアの物品についてご紹介いたします。

 

IASTM

 

金属でできており、このツールを用いることで、筋肉などの軟部組織の問題など硬くなってしまっている部位の可動域や伸張性を改善させることができます。

 

 

下の写真は実際に首を横に傾けられるようにIASTMを使用してトリートメントを行なった実施前と実施後の写真です。

 

 

 

実施後の方が首を傾けるようになっていますよね。ちなみに赤くなっている部分は数時間〜数日で無くなるので問題ありません。

 

金属のツールを用いて行うので「怖いだろうな」、「すごく痛いんだろうな」とお思いになるかもしれません。

 

しかし、痛みもほとんどなく、各部位ほんの数分で終わるので、即時的に変化を出すことが可能です。

 

 

 

カッピング

 

 

 

 

オリンピックで金メダルを何個も獲得している水泳のマイケル・フェルプスが使用したことで注目された「カッピング」です。

 

今では、彼以外のトップアスリートも使用している姿が多く目に入るようになってきました。

 

カッピングで数分間吸引を行い、筋肉などの軟部組織の状態を改善させます。

 

この方法を用いることで回復の速度を加速させ、より効果的にトレーニングに臨めます。

 

 

まとめ

 

トレーニングの効果を高めるために弊社では手技以外にこのような器具を用いてもトリートメントを行います。

トレーニングのみならずケアの方法まで、実際にトップアスリートが実施しているものを、弊社では提供しております。

実際に体験して効果を実感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です