年末年始のお客様 〜パフォーマンスアップ編〜

栃木県佐野市のパーソナルトレーニング施設、K-Conditioning & Performanceです。

年末から年始にかけてJ1サガン鳥栖DFの三丸拡選手(栃木県小山市出身)がパフォーマンスアップのため、トレーニングにいらしておりました。

帰省期間を用いてお越しいただいているため、あまり長い期間は関わることはできませんが、昨年に引き続き「Movement Skill(動きのテクニック)」を向上させるようなトレーニングを中心に実施をしました。

今回のテーマは「スプリント(直線方向へのダッシュ)」になります。

 

まずは前回(昨年)との比較から

昨年お越しいただいた際に時間をかけて実施したことは「切り返し」でした。

三丸選手自身、切り返しの方法を細かく聞いたことははじめてと言っておりました。

実際に比較した写真があるのでご覧ください。上の写真が昨年で下の写真が今年に撮影したものです。

 

 

昨年お越しいただいている期間でのトレーニングでもよくはなっていたのですが、

昨年より精度が増してよくなっておりました。みなさんは写真を見てお気付きの点はありますか。

いろいろとあるのですが、1つはつま先の向きに注目して見てください。

上の写真は前のコーンの方に向いていますが、下の写真はカメラの方を向いています。

つま先を下の写真のように向けることによって、切り返しのために減速することができ、次の動きへ移るスピードも変わってきます。

また、切り返しのような動きはケガの発生しやすいと言われております。

ですが、下の写真のように正しい動きで切り返しを行うことによって、ケガの確率は減り、効率よく動けるようになります。

 

実際のトレーニングの内容

 

実際にどのようなトレーニングを行なったのか、全ては掲載することができないので一部だけご紹介いたします。

今回は「スプリント(直線方向へのダッシュ)」がテーマでしたので、動作の分析なども行いながら様々なトレーニングを実施しました。

 

iPadを用いて動きの分析をしております。

 

 

 

 

 

 

板の上でケトルベル(重り)を動かすトレーニング(写真)や同じく板の上に膝をつきボール(3kg)をキャッチするトレーニング(動画)です。

様々な状況(環境下)において適応する能力をつけるためにも行いました。

サッカーのようないつ相手が当たりに来るかわからない状況においては必要な能力になってきます。

三丸選手は簡単そうに行なっていますが、実は見た目以上に結構難しいトレーニングになります。

 

そのほかにもいろいろとトレーニングを行なった後はスプリントの効率をあげるようなトレーニングです。

日程の都合上数回しかお越しいただくことができませんでしたが、少しでも今後のヒントになっていただければと思います。

 

 

まとめ

今シーズンはより一層の活躍をスタッフ一同、応援しております。

みなさんもぜひ三丸選手をぜひ応援してください!!

 

 

 

※写真、動画は三丸選手の許可を得て掲載しております。

 

パフォーマンスアップのトレーニングについてお問い合わせはこちらから

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です